墓石用品の販売・通販 株式会社大光産業

墓石用品の販売・通販 株式会社大光産業

近年のお墓のデザインについて

近年のお墓事情をご存知でしょうか?こちらでは、お墓の始まりから、近年のお墓のデザインについて紹介していきます。

平安時代から現代までのお墓事情

お墓は、平安時代に海外から日本にやってきた渡来人によってもたらされ、鎌倉時代には中国から位牌と戒名が伝わります。
江戸時代には家の紋章を入れるようになり、この頃から庶民の間でもお墓を建てるようになりました。
第二次世界大戦後は洋型のお墓も登場し始め、近年は生前にお墓のデザインを考える人も急増しています。

和型墓石

和型墓石は日本に昔からある伝統的なお墓で、現在も和型墓石が主流です。全体的に縦に背が高く、土台を二段に重ねた上に棹石が建っています。最近は、埋葬されている方の没年月日や戒名、年齢などを記した墓誌をオプションとしてつけたり、上台や中台に水だれを加工したりする傾向があります。見た目の安定感から、今でも幅広い年齢層に利用されています。

洋型墓石

洋型墓地は、公園のように明るく自然に囲まれた環境の公園墓地などにあることが多いです。高さが低く芝生と自然にマッチする形をしており、少ない墓石量で大きなスペースを必要としません。洋画に出てくるようなモダンなお墓、といえばイメージしやすいでしょう。
土盛りや外柵工事を必要としない場合もあり、低価格で健立することが可能です。現代風な外観や形状の低さは親しみを覚えやすく、宗教を問わず近年普及しつつあります。

デザイン墓石

デザイン墓地は、比較的自由な発想で健立することが出来ます。将棋盤や煙草など、生前に故人が好きだったものを墓石のモチーフにしたり、家名の代わりに「絆」「ありがとう」といった、好きな言葉や感謝の言葉を彫刻したりする方もいます。デザイン墓石を生前に健立する人も多く、人生の集大成や故人の想いなどが伝わる墓石です。

墓石用品をお探しなら、ぜひ通販をご利用ください。当サイトでは、錆びないステンレス製の墓石用品を販売しています。
お手頃な香炉や花立てもご用意していますので、リフォームをお考えの方はご利用ください。
また、墓石クリーニングの依頼も受けております。忙しくてお墓に足を運びにくいという方は、当店の墓石掃除サービスをご利用ください。

ホーム RSS購読 サイトマップ